FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

還暦  

人生五十歳代を無事にすごせば、あとは楽、、、、と昔の人は言ったけれど、今は平均寿命が日本は男女ともに八十以上、ことに女子八十六歳だって、、、、、おそろしい世の中になったもんですね。
還暦の人なんて今は若僧だわな、でもその六十歳前後の三年間は男女ともに最後の厄年だつて、、、、、、、、
なんか変?体調が?とか風邪がなおりにくかったり、足腰が痛くなったり。。。。年のせいもあるけれど、結局老いの道にはいったのだから身体自分できおつけなさいよ、これから老いの道、六十年使った身体疲れているのは当たり前、ご自愛くださいですね。
テンリトルインデイアンの二番、テンから数えてナイン、エイト、セブン、、、、、最後ワン、、、、そしてその島には誰もいなくなる、、、、、、、平均寿命に関係なく家族、友人、知人駆け足でみな次々去っていくこの頃。。。最後のワンにはなりたくない、せめてスリー位で私はあっちに行きたいものである、、、、、、、、。
憎まれっ子世にはばかる、、、その道もあるか。(^-^)/(^-^)/


スポンサーサイト

Posted on 2015/10/30 Fri. 11:14 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

秋も深まり遠くの山には雪、雪、雪。  

近所の神社の大木達、色とりどりの落ち葉が美しい、、、、、我が家の庭は今は大木がない、、、、、。
以前は落ち葉の舞う音カサカサと聞こえたけれど、今はなんの風情もなし、たった一本あるモミジは色もかわらず葉も落ちずただただ一本塀によりかかるようにぼんやり立っている、、、、高さもひくくイチメートル位。季節の変化も知らない木。だけどモミジだわよ。
秋晴れの心地よい休日、今年の気の使う大きい事業も終わり、あとはまあまあ例年通りのやることをやるだけの二か月のはず。
、、、、、、、、、そうだ年賀状書きの大仕事があったっけ。
毎年思うことは年賀状の印刷は手書きの一言がなくてもマアマア許すけど、あて名書き位手書きでしてほしい、
すべて印刷の住所アテナのは、私は次回からはその人に年賀状は出さない主義、、、、、、当然でしょう。

今年も私は喪中のお知らせだからイイケド。、、、、、、、、枚数が多いと結構大仕事です。

Posted on 2015/10/24 Sat. 09:46 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

あの胸のドキドキ感が恋心というものかしらネ。  

ある展覧会の受付にすわつていた時芳名帳に一組の夫婦が記帳、名字、住所を見て??もしかしたら、、、、、もしかかも、、、、、。
近所に高等学校、、昔は大学に入る前高校があり、東大に入る前優秀な子は一高というのがあり、彼はその高等学校に通っていていつも黒いマントで高下駄、、、、、、、、私は女学生で彼のその姿やちょっとした振る舞いに少しばかり胸キュンしたものだったが、世の中戦時中となり戦後私は東京の学校の寮それからずーっと何十年、近所だったが弟さんがその家に住み、勿論知らない家だし、お兄さんの東大生になつたであろう彼はどこにいったのかなあ位はたまーーにはおもってはいたが。

芳名帳の彼は、、、なんと私の思い出の人の息子だとのこと、、、、、
なんとなくビビツト私の十代のころの思い出のアンテナに反応ありき、、、、、あたりーーーーーーーーーーー。
現在は施設にはいつているそうな、、、、、、、聞かなきゃよかつたと思う、
彼のマントでバンカラで高下駄姿だけの思い出だつたらイイノニナアト、、、、、、、これが現実か

世の中ってそんなもんなのですよね。

Posted on 2015/10/19 Mon. 09:28 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

柿の季節  

天高く馬こゆる秋、、、昼下がり北鎌倉、鎌倉横須賀線沿線の民家にオレンジ色に光る小粒の柿の実が沢山なっている民家がまばらだけど十数軒あった。
いつもなんとなく窓外をみてはいるが、秋まさしく秋柿がたわわになっている景色、ビルが周囲にはおっかぶさるように林立しているが嬉しい、、、、日本の秋発見なり。
我が家の庭に二本柿の木があったけど、、、、、、今はもうない。、、、、甘がきだったんです。
思い出すこと、、我が家の秋の庭、勿論柿が一杯なる、、みんなで取る、、ニギヤカ、、、、、、、、、、
そうだ秋といえば、顔にぶつかってくる位沢山飛んでいた赤トンボはどこに行ってしまつたんだろうか、
柿の木もない、赤トンボもいない我が家の庭、、、雪が降れば冬とおもうけど、、、季節をなにも感じられない今の我が家の庭。

店にはそろそろ見事な美味しそうな柿がならんでいる頃。。。空、空気、風、視覚、、、味覚で今度は秋を満喫しよう。柿でね。

Posted on 2015/10/16 Fri. 09:09 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

百合の花  

近所の家に鉄砲百合が咲いた、それで又思うこと。
カサブランカって百合ですか?昔私の子供のころは聞いたことのない花の名前だけど、いつ頃からカサブランカとして一応高級な花として世にでてきたのだろうか、山百合というのが日本には大きい花を咲かせるのがあり、年を経るごとに一本の茎から咲く花の数がふえて一本の茎から数十個咲いたというのがニュースになったっけ。
雄蕊の茶色のケバケバをむしりとられて、今の大百合たちは可哀想、イイジャナイノ手や衣服にくっついたってね、、、、、、、、

立てば芍薬、すわれば牡丹、歩く姿は百合の花、、、、、、、か。

山百合、鉄砲百合、かの子百合、ハナビラがひっくり返っているいるアノユリ?それとも百合だろうと思うカサブランカ?

まあシヤナリシャナリときどって歩いてみましょうかねえ、、、、、、、歩く姿はガスタンクという言葉もありましたよね。(^-^)/




Posted on 2015/10/06 Tue. 18:02 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

ついつい思い出に浸ってしまった  

用事での外出のない今日の日曜日、十日先に戦時中の学校生活についてしゃべる原稿を書いていたら、今まで卒業アルバムはないし修学旅行もないなど、自分たちの学生時代は損だったよなあ、、、、、と思っていたのが、、、、、楽しかった、よかったと思えるようになった次第。
四年間何もかも夢中に過ごしたな、みんな仲良かった、よく笑った楽しかった、あの時の友達の顔が次々浮かんできて、私は最高の女学生時代を過ごしていたんだと嬉しくなった。。。。。。。。くだらない競争もなかったし、だれがどこの大学いくのかも話題になかったし、勿論ガリ勉もいないし、
その後の学生生活そして卒業、仕事社会何十年間考えると全部夢中で、他のことをかんがえる時間や余裕がなかったなと今つくづく思う、他人をうらやむ時間がないから、その気にもならず幸せな人生アリガトウ、、、。
ただ戦争が負けたとき、もし敵に捕らえられたら自決しようと思っていたことはタシカナコト、。
生かされていることは、この世でやるべきことを神様むがあたえてくれていることなり、だから自然に与えられた運命に従うのがこれまた自然なりき、、、、、、、、、ですね。天気もよし最高の日曜日、私スッピンだし。、

Posted on 2015/10/04 Sun. 10:18 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top