FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

月見草  

やっと梅雨が明けて夏らしい雲、夏らしい温度等々、数日前にセミの声を聞いたけれど、少しばかり涼しい日が続いた頃だったから、せっかく夏らしい日になつたのに、数日前のあのセミは暑い本当の夏を知らないで命がなくなつたのだろう、、、これも彼らの運命だろうか。。。
我が家の裏の空き地は雑草の天下、その一角に今年は月見草が数本あるのを発見した、最近どこかでも月見草はみたことがないけれど、、、なぜか今年裏の空き地に出現した、、、、、、花は黄色で雑草群の中では背が高く目立っているし、よくみると美しい花なんだけど、月見草に何の罪はないけど、私は嫌い。
ナゼナラバ、、、昔読んだ小説、、、著者は忘れた、、、ある少年が線路で事故死、線路脇の草むらは月見草が沢山あり、その可憐な美しい黄色の花々が少年の血で赤く染まっていた、、、、、、、。
月見草を見るとその文章を思い出してしまうんですよ、、、、私の勝手なことなんだけど、何故かどうしてそんなのを覚えているんだろうか、、、数えきれない位少女時代片っ端から小説を読んではいるのに、、、もつと良い感銘を受けるような文章を覚えていればよいのに、、ネエ。、、、、ナゼダロウナ月見草??????
スポンサーサイト



Posted on 2016/07/29 Fri. 18:47 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

漢字がだんだんわからなくなつてきた  

最近変換をすぐやるので、普通のなんでもない漢字を書くとき???どんな字だっけと考えてしまうことが多々あるが、一応読めるからまあ良しとは思っている。、、、、、、、が当て字でもないのに私にとっては珍しい字に行き当たった次第。
赫々である、カッカクとうったらすぐ変換で画面にでたので、少しびっくりした、赤が二つならんでいる、、、輝くこと、とか、人にすぐれている、、との意味だって。同じ字が二つならんで一字になつているのは、木、とか月があるけれど、そう沢山はないだろうと色々探したが、そんなヒマがないことに気が付いたと同時に、、、、もうどうでもイイヤと思ってしまった。
昔の私だったら漢和辞典を出してじっくり探したのにね、、、、、やっぱり年か、、いーや暑いからだろうな。

赫々です。お寺に今月の何かありがたい諺のようなのが貼ってあって、その文章の中の字でした。

Posted on 2016/07/19 Tue. 18:13 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

雑草、、、草取り  

現在は庭らしい広さの庭がなくなったけれど以前は雑草との戦いだった、ことに庭の隅にベターと群生しているドクダミである。
ある日植木屋がそこに除草剤を撒いてくれた、、、、、きたなく枯れて、その後ドクダミは退散した。。。。がブロツク塀ごしの隣家の庭にはドクダミが一杯、、、、我が家とのしきりはブロツク塀、、、、、、。花はマアマア可愛いけれどダメダメ草取りの時悪臭だものネ。
地下をくぐつて我が家に来るなよ。。。。。
そういえば、夏の風物ほほづき市や朝顔市にここ何年も行ってないなあ、、、、、
別に行きたいわけではないんです。ただ、、、、、、なあーー、と思っただけ、、、、、、、、、。暑いですねえ、夏だからしかたないけどナ。

Posted on 2016/07/14 Thu. 14:06 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

お淋し見舞い  

年とった姉達が次々とあちらに行ってしまつていたけれど、今年は兄が亡くなった、、、、、、、、。
甥の娘から、、お淋し見舞い、、、という言葉と共にピンクや白の可愛い綺麗なタオルが送られてきた、優しい響きの日本語で
何となくほのぼのとした気分となってうれしく頂戴したんです。
名古屋の方面では、お淋し見舞いという風習があるとのこと、、、、、、、、、、、、。
日本て広いんですね、、、、、、、。
ズーットあとで訃報を聞き、あまりにも日にちが経ってしまった友人に、花やお線香を送るのも考えてしまう時があるから、そんな時にこのような心遣いならばイイカナ?と思ったんですよ。

もうすぐお盆、、、、みんな待ってるだろうな。

Posted on 2016/07/06 Wed. 16:31 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

折り紙会館に行った  

和紙で人形を作っている友人から折り紙会館の素晴らしさを聞いていたので今回行ってみたわけ。外国人むけの東京案内にも載っているとかで、一階フロアーに数人の外国人がいた。上の方の階では毎日折り紙や和紙で創作する各種の教室があるそうだが、
一階や二階ては作品の展示がされていた、、、、、、、紙細工とはいえ、素晴らしい作品が沢山あり、折り紙の代表である折るり鶴の作品が何と多いことよ、何十羽とつなげて折ってあり、、大小さまざま、、小さい小さい折り鶴、それもつないだまま字や絵がらにしてあったりとか、日本人の繊細さを発揮してある作品がいろいろあった。。。。たしかに見事だよ。。。。ネ。
でも私は何故か子供の時に折った、やっこさんや、オルガン、ボート、簡単な鳥などがなつかしくなってしまった、

それこそ私にとっては折り紙なんですよ、、、子供の時一羽の鶴の嘴、しっぽ、両方の羽の先につなげて鶴を折ったこともあったけど
展示されている鶴はそのスゴイスゴイものだけど、、、、、、。でも折り紙は私は、、奴さんなど、それらが好き。。
人それぞれだけど、、、、マア芸術作品までにひきあげた人はすごいとは思うけれど。ナ。

Posted on 2016/07/05 Tue. 11:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top