FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

何となくうれしいんです  

五月母の日だからと子供ではないけれど、数人から頂いた赤のカーネーションの植木鉢、大事に水をやりながら家の中に飾っていたが、約一か月を過ぎた六月末頃とうとう茶色の枯れたハッパや茎となりショボショボに弱ってきて、、、、もう終わりなり、、、、と庭の片隅に植木鉢のまま放置、、、、、、、それが、ナントナントこの炎天下に一本の茎に緑の葉がよみがえり、小さな小さな赤い蕾が一つ、ウン???この残暑厳しい今、ケナゲに、そして必死に小さなハノビラを開き、、、、、咲いた、、、咲いたんですよ。
なんだかわからないけど、すごく嬉しいんです。ワタシ。
、、、、花の命は短し、、、、なんて誰が言ったのでしょうか。
あのカーネーションは再びよみがえったんですね。、、、、、、、、、、、、、なんでもいい加減であきらめてはダメネ
、、、、努力、努力、誰にも気づかれなくてもいい、人見るもよし、人見ざるもよし、吾は咲くなり、、、、だれかの言葉です。
スポンサーサイト



Posted on 2016/08/29 Mon. 19:18 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

残暑厳しいおりから如何お過ごしですか  

(#^.^#)昨日知人の車に同乗、久しぶりに高速道路をドライブ、絵に描いたような素晴らしい入道雲を見た、環境も良かった、ゆったりと流れる川幅の広いところに、これも静かに動くほんの少しの小舟、みどりの長く続く土手は世の中の騒音をかんじさせていないし、遠くの低い雲は邪魔しないくらいの建物群の上にすこしだけかぶさり、さながら墨絵のような蜃気楼に見えた。

世の中災害もなく平和であつてほしいとつくづく思う。
この時間にしたらわずかだけど、穏やかな本当の自然にめぐわれたことは、、、、私の心のササエになつた次第。
シッカリした自分でいよう、親切心を持とう等々、、、、、、、、今はそう強く思っている。今は。。。。。です。

残暑きびしいですが四季がある日本は幸せ、夏あついのは当たり前、暦の上ではもう秋
ツクツクボーシが夏の終わりを告げてます。

Posted on 2016/08/25 Thu. 09:15 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

余計な心配をしてしまつた  

暑い毎日なので、やらねばならない事があるのに、ついついウダウダと何をする気にならず時間を過ごしているこの頃、、、、。
先日昼からドシャブリの雨が降った日、あるアパートの住人は留守なのだろうか窓辺には洗濯物がズラリと干したまま、それもシーツ他沢山ある、アーアあんなに濡れて、帰ってから始末が大変だろうと、他人事だけど一応気にしたのが、、、、ことの始まり。
夜中になつてもそのまま、翌日朝もそのまま、、、勿論雨戸は最初の日から開いている、洗濯物はまだそのまま、人の気配は無、夜中ソツトみたけど全然変化なし、、、、、、、、。そのアパートは六所帯分あるが常時住んでいるのは、その洗濯物を干している人ぐらいで、あとはタマーニ誰かはいるらしいと、タマニ雨戸が半開きになっている時がむあるが、、、、。
問題の住人はやや高年の男が一人で住んでいる、、、、、、、私は少しばかり心配になってきたわけ、これで明日もこのままだつたら孤独死???、、、、、、夜遅くみたけど、まだ同じ、これで明日一日このままだつたら、、、、、、、と思って朝を迎えたら、、、
洗濯物の干し方が変わっていた、、、取り込んではいなかつたけどワッカやシャツの干してある場所が変わっていた、シーツはそのままだけど、、ビショヌレになっては乾き、またビショヌレになり、、、、、、、その日の昼には竿には何も無し、、あれから再洗いもしてないのだろうか、その後窓の開く日はあるけど洗濯物は干してない、、でもあの人は生きていた。私余計な心配して損したな、、。アーアやらねばならない事一杯あるんだわ。。。。。。。

Posted on 2016/08/21 Sun. 15:10 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

休みせっかくの籠城が  

世の中お盆休み、私も四日の休み、オリンピックもあるし高校野球もあるし、誰にも会わずスッピンで時間、やること、すべて自由を満喫することにしいてたが、、、、、、、チャイムがなつても居留守のつもりが、、、、、また以前の籠城していた時と同じことをやらかしてしまった。、、、、、、、、、、。チヤイムがなった、、つい顔を窓から出してしまった、、、前もそうだつた、、、、、、以前も今回も出てよかったんでしょうね、それは前とと同じ何十年前の生徒がた訪ねてきたわけ、両者とも前触れなく突然、、、、、、、。
、、、、、それは嬉しいよ、でもね化粧もしてなくヨレヨレの着衣だし、でも今回は一応頭はキチンとはしていたが、前回はひどかったなあ、真昼間から風呂にはいり洗髪したてだつたからモチひどい姿だつたつけ。
両者とも他の用事のついでではなく、、、行ってみよう、、、と突然思ったのでとのこと、、、、、、
わたしも今更綺麗にしたってたいして変わりはしないけど、、、、、、やつぱり電話ででも何時お邪魔してもよいですかと知らせてくれていれば、それなりのオモテナシもできるのにねえ。
今度また休日があった時は、絶対居留守を決める、窓から我慢して外を見ない。
今回も前回の人も運がむよかったな、今度もし来る人がいたら私には絶対会えないから、、、、。、、私は居留守、籠城してます。

Posted on 2016/08/17 Wed. 10:55 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

夾竹桃の花咲けば  

何故か真夏になると。。。夾竹桃の花咲けば、、、、、という詩の一片が頭からはなれなくなる、子供の頃から片っ端から小説を読んでいたし、詩も大好きだったから、、少年小説のオーソリティー佐藤紅禄の、、ああ玉杯に花うけて、、などわすれられない本である、お
なじ佐藤紅禄の、、夾竹桃の花咲けば、、もしかり。その本の見開きに紅禄の父、、サトウ、ハチロー、、の詩が載っている。
、、、夾竹桃の花咲けば、過ぎしむかしを思い出す、おやさしかりし母さまを、したしき友を、あのころを、、、、、、、。
、、、夾竹桃は赤い花、わがまなびやに咲くきし花、、、、、、、、、以下ずーっとつづく。
以前千葉駅前の道路の並木は夾竹桃だつたが、今はどうなつているのだろうか、、、、、、。
、、、、、、、、夾竹桃の花咲くけば過ぎし昔を思い出す、、、、、、、、、、

少年小説家の佐藤紅禄の小説だけど、この夾竹桃の花咲けば、は少女が主人公の少女小説なんですよ。
今日は復刻版だけど、本棚から出してこの小説をじっくり、又読むことにする。

Posted on 2016/08/15 Mon. 12:53 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

蝉時雨  

暑い夏、ここぞとばかり蝉の声、、、、蝉時雨だろうが我が家からほど遠い所だから心地悪くない小さな耳鳴りのよう、はるか遠くでの蝉しぐれである、近所に大きな木がないからしかたないけれど。
昔は蝉衣といって薄い布で夏用の着物があったけど、、、、、下着をちゃんとしなければならないので結構熱かった、、真夏用なのに。

平安時代から蝉の羽という色目があったそうな、そのころ動物の名であらわしたのは、他に玉虫色、この二つくらいだったとのこと。
源氏物語に夏の風物として蝉、、、西日になる程、蝉の声なども、いと苦し気げに聞こゆりば、、、、。

感想は人さまざまだから、、、私はいとくるしげになんて思わない、、、、、、、賑やかにぎやか、ぞんぶんにおしゃべりをどうぞ、数日の命、しゃべりたいだけしゃべり、叫びたいだけ叫び生きていることを謳歌してすべてやりつくして満足して、、、昇天。
紫式部は命つきる前の蝉の心境、、、、あのなき声は、叫びは命つきる前の悲しみ苦しみに聞こえたんだろうが、、、マ、イイケド。

Posted on 2016/08/04 Thu. 15:27 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

もう八月になつた。  

今日は八月一日、もう八月かーー、、、。去年の今日は何をしていたのか、そしてどんな八月を過ごしたのか、マルッキリ思い出せない、思い出に残るような旅行はしていないし、家族の色々はここ三年、四年家のリニューアルを含めて沢山ありすぎて、いつどうしたか今年か去年か、もっと前かは、もうゴチャゴチャ私の頭では考えることを拒否した状態、、、、、、、。

毎日やらねばならないこと多々あるのは当たり前、でも今はとても公私ともに忙しいけれど、心穏やか、、、、趣味を含めて本業のことなど、本当に忙しいけど、毎日いつまでもやりたいけど気持ちはもっともっと続いていても、目の疲れ、体のつかれ、夜になってしまったりの時間のことなどで毎回残念と思いながら一日が終わる。。。。、、、、これが幸せというものなんでしょうね。
年相応の体の不具合はあるけれど、、それが、どうしたのよ、、、と言えるくらい元気だし、、、、、オカゲサマデ。

去年の八月の今日何していたんだろうな、、、来年の今日もキット同じことを考えるんだろうなと思う。ゲンキデイラレタラネ。。。。。

Posted on 2016/08/01 Mon. 07:46 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top