FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

武装して、あなたはこの言葉を知っていますか。  

今朝は十月の末の日とはいえ寒い日、バス停での立ち話彼女はすっかり冬支度、暖かそうな帽子、厚手のダウンジャケットを着こんでいる、、、、、私は今日は寒いから帽子を被ってきたらよかった、、、、と言ったら、彼女は、、、寒いので、すっかり武装してきましたのよ、、、、と言った次第、そこでの二人の会話、、、、、。
今の若い人達は、、武装、、なんて言葉は知らないし、勿論言わないし。。。ついついこんな言葉が出るなんて年がわかりますねえオホホホホホ、、、、、。でした。、、、、、、、戦争中か戦後に育った人しか、、、ついとは言え出ない言葉ですよね。
、、、、、それから、あの時代はこんな言葉があったとか、今は私等には意味不明のあんな言葉、こんな言葉があるなどくだらないけれど楽しい会話だったのでしたが、、、、、、、。

顔はしっているけれど、今の彼女誰だったっけ、どこでの知り合いだったのだろうか、バスを降りた時は軽く会釈して別れたのでしたがそれから数時間後帰宅してからも考えたのだが、、、、わからない、、、、、、、あの人知人なのか誰だろうか????????>。
スポンサーサイト



Posted on 2016/10/30 Sun. 15:19 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

こんなに幸せでよいのだろうか、、、、私のような者が。  

いつも、いつも、、、、それこそいつも私は大勢の方々にお世話になっている、こんな私なのに、ことある事に本当にそれはいつもいつもなんです。幸せなんです、、、、、、再び言うけれど。それはそれはお礼の言葉を山々言ってもたらないくらいです。
先日それは思いもかけず突然、、、、それも二つもなんです。一つは十日くらい前にびっくりと幸せ二つ重ねた事件???の続きの一つ、もう一つは、私の本に書いたあることの関連したことについてのある地方新聞のきりぬいたのをもってきてくれた事、その方は一年に一度共通の展覧会でしか会わない方なのに、、、、私が喜んでくれると思ってわざわざ、とっておいてこの日にもってきてくれたわけ。
世の中心優しい方が多いですね。。。。。私はそれに比べてどうなんだろう、、、、反省、反省頭をたれても追いつかない私ですね。
はっきりありがとうといつも言っていたのか、、、、それすらアイマイにしか覚えていない。
傲慢、我儘、自分勝手、、、、、残りの人生すくないけれど人にヤサシクナロウ、、、今からでも遅くないよね。
人にヤサシク、、、、そしてその人が更に喜び幸せになってくれるよう、、、、愛の心かな。モチマスネ。
私は沢山人々から愛をいただいているのに、愛を満分の一でもお返ししていなかったのに今更気が付きましたゴメンナサイ。


Posted on 2016/10/24 Mon. 16:01 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

栗の季節  

昨日栗おこわを食べた、、、、毎年栗を食する頃思い出し、そしてはつきりしない事があるる。
遠い遠い昔、仲良しの友人が私には二人いた、、、、その二人の友人はあれから七十年経っても私をまじえての三人は相変わらずの仲良しの三人組であることは変わりない。、、、、、栗のころにいつも話題になる、それは友人の一人の家が茨城の石岡で、ある日私ともう一人の友人は、その石岡に栗の季節に招かれ、栗ご飯に始まりクリクリづくめのご馳走をいただき、帰りにはお辞儀も出来ない位のパンパンのお腹で帰宅、、、、、、、。それはいつだつたのだろうかミステリーの年月。季節は秋とてうことはたしか、、、栗だから。
勤労動員での毎日だった女学校時代、それぞれ卒業して誰がどの学校に進学したかもわからないその一年生の八月に終戦、、、
私は其のころ学校での寮生活、、、、だからその年の秋にどこかに行ける筈はない、、、ことに一年生だつた寮生活だから。
女学校での卒業の年の秋は毎日工場通いだし、ひっきりなしにある空襲警報で勿論遊びで遠出は出来ない環境、、、、。
では、あの楽しい思い出の彼女の家、石岡での栗のご招待に嬉々として行ったのはいつだろうか、、、、、、。
近々またこの仲良しの三人で会うと思う、、またあの石岡に行ったのはいつ?????
聞いてみよう、そして三人で考えよう。

Posted on 2016/10/20 Thu. 08:31 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

やっと衣替え  

ここ二日ばかりやっと秋晴れの日、洗濯、ふとん干し等エトセトラ、、、、、、今日は日曜日朝から夏物をしまう作業、、、、そしてやっと冬物を揃えだすが、、やはり綺麗にしてしまってあったとは言え、毛布とか厚手のパジャマなどは天日をあてたいわけ、、、、。結局朝から二階への階段を上ったり下りたり、納戸の中アッチコッチ歩きまわり、結構布製品は重いんですよ、、、時々アアコンナモノモアッタンダ、、、としばし手をやすめたり、、、、、、。人さまにやってもらわないで自分でこの作業ができることの幸せを、年を重ねてきた今すこしばかりのクタビレと共に、、、何にだかわからないけれど感謝している自分、、、。
さあ、、、、もうひと働きせねば。。。。。明日は曇りか雨だって。


Posted on 2016/10/16 Sun. 08:23 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

  

私が机に向かって仕事をしている時いつも足元で静かにすわつているが、五日に一度位突然階段を駆け上がり駆け下りる、そして家じゅうくまなく走り回る、それも、わざと大きな足音をたてて、、、、。昨日は隣の部屋でカシャカシャ、ガタガタ異様な音、仕事のケジメがついたので行ってみたら屑籠の中の紙袋をコナゴナに噛み切ってちらしっぱなし、目があった途端すごい速さで走り去った、、、、勿論家の中のどこかだけど、、、、。半野良の雌猫、数年前骨折していたので入院、医者がこのネコは五、六歳ですと言った、そのご数年経ったから人間でいえば百歳にちかいだろうに、、、。なんにでも興味もち、そしてあの走り回る、階段の上り下り、、、アンタ、オバアサンナノニ、ソノ元気ナンナノヨ。、、、、、、、、私そのバイタリティ欲しい。
、、、、、、普段は殆ど寝ている、、だからネコというのか、、、、名前はタマ。、、、、昨日あばれたから今はイビキをかいてあられもない姿無防備状態で寝ている、たぶん昼日中一日中寝ているだろう。。。。それもうらやましい。

Posted on 2016/10/10 Mon. 09:18 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

年齢に関係ない???  

Posted on 2016/10/10 Mon. 08:52 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

別れのワルツ、蛍の光  

昨晩遅く友人からの電話、、、、今窓をあけ外を見ながら一人でソーット蛍の光りを歌ったのです、自分のために、、、これで終わった、乳癌とのさよなら、、、です、静かな別れとともに人にはわからない心をこみあげてくる嬉しさです、、、乳癌との別れのワルツです。
、、、、、この気持ちを私だけには知らせたくて、、、、、、、、とのことでした。
五年前誰よりも元気印の彼女が乳癌の手術をうけ、あの三月の東北大地震の日に退院してその後治療、通院バクダンをかかえながら心配の毎日だつたとのこと、それが昨日、もう大丈夫と言われたとのこと。あとは年に一度検査だけ、、、でもすっかり良くなりましたとのお墨付きをもらったそうです。
周囲の殆どの友人は彼女の病気のことは知らないし、彼女は勿論言わない人、バイタリティーあふれ、世のため他人のため走り回っている人、だから乳癌というバクダンをかかえているなんて言わないんですよ。
、、、、よかった、勿論おめでとうと、ごくあたりまえの言葉しかいえなかったけど、、、、、、、、
私もソーット蛍の光をくちずさみました、、、、、彼女の乳癌との別れのために、、、、、。

Posted on 2016/10/05 Wed. 07:54 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

天高く美しい秋の空  

最近は朝、夕、空を眺めたり外の景色に向かって会話をしている自分がいるのにに気がついた、仕事が忙しかった若い時は空をはじめ外の景色を鑑賞したり詩心に浸っている時間など皆無だつた。十歳くらいのころは学校で宇宙のことや雲のことを学んでいたから殆ど毎日空をながめたが、、、、、。
しかし、しかし戦時中の私の見上げる空は、昼は蚊の襲来のように東の空から群れをなして飛んでくる敵の飛行機,、夜は真っ暗の空にサーチライトが幾条と交差する中を飛び交う数知れないくらいの敵の飛行機、、、、そんな空の思い出が多い。。。。。。。

今は静かに安心して空を見上げられる、、、、、、、、、、、。
天災がないことを願う、勿論人災も、、、、、、。
天高く空青く澄み渡り、、、、、、、、、、、、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、忘れてならないのは食欲の秋。。。です。

Posted on 2016/10/04 Tue. 08:03 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top