FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

誰がいつ暦をつくったのだろうか星座とか九星とか易等々  

十二月師走というから、先生と名のつく人が忙しいからと昔聞かされたことがある、そこで掃除も片づけもしないヒマな私、大昔発行の永代大雑署萬暦大成なる本をめくってみたら、、、、、マアマア色んなことが書いてある。簡単なことでは師走とは昔僧を迎え仏名を各家庭で詠んでもらうため東西に僧がはしりまわらねばならなかったそうだ、、、、ナラバ、お盆だって同じではないかなあとは私の意見。一月は睦月というのは貴賤を問わず新年を賀し睦みあうからだって。
月の動き、太陽の動き、地球の動きなど、回る速度や方位も複雑なのに、そしてそれぞ゜れの大きさだって、古代の遺跡に天文学のような計算や絵があったり、それを誰たち現在私たちが見る暦にしたのだろうかナ。星座だって星に図面じょうセンをひいてサソリ座とかテンビン座とか決めたのは誰、空をみてもセンがないから凡人にはわからない、北斗七星ぐらいしかね。一白とか五黄とか九星の名称だって、筮竹を使用しての易だって、あたるも八卦あたらないのも八卦なんて、、この本にはその他人相、家相モロモロそれこそ極楽の絵も地獄の絵も載っているのです、、、、おみくじの元帖までちなみに第九十九番は大吉、第百番は凶です、だから私でも作ろうと思ったらつくれるわけ、、、、、手相、人相、家相、しきたり、方位、季節によつての年中行事など、ページをめくりだしたら時間を忘れますな。。。。、、、、常識をわきまえた生活、つきあいなどしていれば無難でございますよ、ご自愛ですね、人にヤサシク自分には少し厳しく、でもヤサシクです。明日は大晦日私は少しもセワシクナイデスワ。
スポンサーサイト

Posted on 2016/12/30 Fri. 11:31 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

q@;t@  

Posted on 2016/12/30 Fri. 10:48 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

今年もあと四日で終わり、一年のしめくくりに又考えることが出来てしまつた。  

今年も元気に生きさしてもらいました、すべてに有難うです、、、、、そこで何年先になるか、はたまたすぐかわからないけれどいずれ私の行く所はどこでしょうかと思った次第。
天国は主にキリスト教よりきた言葉で、天使がいて清浄なものとされる理想の世界、信者の霊魂が永久の祝福を受ける所、心配や苦しみのない理想的な楽園だつて。
浄土、、極楽浄土は仏教のほうからきた言葉で、悪道のない仏、菩薩の住む所であり阿弥陀仏の居所で念仏行者は死後きわめて安楽な場所や境遇にいられるそうな、、、。ただし西方十万億土を経た所にあり阿弥陀仏が常に説法しているとのこと、、、、、、。
死後安楽な所と言われても死んでからも絶えず説法を樹かされるのは私はイヤダナア。かと言って天国に行ってもキリスト教信者でもない私にとって、はたして理想的な所であるのかなあ、、、。、、、、あの世にちょっと行った人はみな綺麗な花が咲いていたとか言うけれど彼らは別にそこの住民票をもらって住んでいたわけでもなしチョットのぞいて帰ってきた人てはないか。一部分だけのぞいた程度なら、象の鼻だけみて長いもの、耳だけみてヒラヒラと平べったいもの、足だけみて太い棒状のものとしてしかわからないわけだわねえ。本当の象をまるまるみなければ、、、、、、それと同じだわね。結局あっちこっち行ってみて自分で体験しなければ、どつちがよいか、ジブンにマツチする住処かわからないわけだわ、、、、そうだ地獄のこと考えなかった私。。。。
あの世って複雑だわ、、、、行くのがメンドクサクナッテキタケド、、、、マ、、どうにかどこかにいくんだろうが、あまり遠くなくめんどくさくない所がいいな。、、、、、、、、、、。さあ新しい年がはじまりますよ、生きている私一杯まだやることがあるから、どこからもオイデと招くなよ、。。。。。。一日社会人、二日、三日箱根駅伝のため寝正月はしない、、、、、つもり。

Posted on 2016/12/28 Wed. 15:21 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

第九とかぼちゃ、、、さすが十二月の電話  

月に二、三回電話で近況その他を電話してくる友人から、昨日そろそろ寝ようかなとと思っていた時かかってきたら、いつもと異なりやや興奮気味、、、、、今日都民文化会館ての第九のコンサートに行ってきたとのこと、、、三百人合唱はすばらしかったけれど、、、、、からの話、、、最後はかぼちゃの話まで出てきてエンエン四十分ばかりの長電話となった次第。ソロの四人以外は全部素人で、それもやたら高齢者が多かったが、とにかく三百人だから迫力がよかったけれど、、、貴女のために一番前真ん中の席をとったと\6.900円のチケットをくれたけど、その人大会場でのオーケストラ云々何も知らない人だったから、、、、、、、。それは一番前の席だったから舞台上はみえなくてオーケストラの人達のパイプいすの足だけ、かろうじてバイオリン奏者の靴のカカトをみられたし、真ん中の席だったからその時の指揮者がすごい肥満だし、横幅デカスギだったので更に視界がさえぎられて、、、、、、得難い経験でしたが第九でパイプ椅子の足だけしか見てこなかったと、、、それにクツノカカトだけとは。でも私は年末の行事第九をすごい会場で体験できて良かったね。と返事をしたわけ、、、そしたらその後急に、、かぼちゃぼちゃぼちゃぼちゃちゃあちゃあちゃああーあーと歌いだして、今度は冬至の話となり、自分の知人の地方ではかぼちゃの歌があるといってマタマタかぼちゃぼちゃぼちゃあーあーを歌うので、私はその先の文句はと聞いたら先は覚えていないとのこと、、、、それらを含めての長電話。。。結局私の頭の中はかぼちゃぼちゃぼちゃで満杯となってその夜はパイプ椅子の足が沢山見えるしかぼちゃぼちゃぼちゃの彼女が歌ったメロデイーが脳内一杯で寝つきが超悪かったですねえ。今日もまだ第九のメロデイーではなくかぼちゃぼちゃぼちゃのメロデイーがついつい出てくるんですよ、、、今夜はクリスマスイブなのに、、、、、、、。

Posted on 2016/12/24 Sat. 08:56 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

気がつけば最近本を読まなくなつた  

本大好きな私、最近トント本を読んでないことに気がついた次第。女学校二年生の時約二か月足の故障で病院通いをしていた頃、往復の電車の中で文庫本を種類を問わず、片っ端から読んでいたためか、その後成人しても年をすごく重ねても電車で本を読むことが大好きというかナラワシみたいになつていた、だから遠くに一人で行く時は車内で読む本を数冊行く日程が決まった時に買い求め旅行カバンに入れておき、旅行と共にそれらの本を読む楽しみもありワクワクその日が待ち遠しくなるのであるわけ。
最近は殆どバスで近所に用事があるから出かける程度だし、電車でもあまり遠くにはいかないし、、、、、だから本をよまなくなつたし勿論買っていない。
読書の秋は私には関係なく過ぎてしまつたし、冬の夜長といっても本職の仕事がないときは趣味で結構やりたいことがあるし、寝床で読めと言ってもそれは無理、寝床にはいれば私はバタンキュー、、、、すぐ眠ってしまうからね。
、、、、、、、すごく読んでみたい本があるのかなあ、、、、と考えたけれどナイナア。一応話題になった例の火花だつてよんだけどねえ、、、、、、私はいらないからナナメ読みしたあと、すぐ人にあげてしまった、、、、、マ。人それぞれ好みがあるわな、、、、
私は現在何を読みたいんだろうかな、、、わからないから、、、、、本を買う気にもならず、読む気にもならず
本に対しての気持ちただ、、タイダ怠惰たいだ、、、、だわな。

Posted on 2016/12/23 Fri. 09:14 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

庶民はささやかでも平和がいいし、、、今日の平和が宝物。  

自分の好みで立候補して、カジノを創るだの、兆とか億がどうして増えるとか減るとか、国民のため都民のため色々苦労することは自分でやりたいからなったのだから、、、、、こんなことは当然。。。。。アンタタチノシゴトダワネエ。
そこでグーット大勢いる庶民の中の一人の私、こんなささやかな平和で暮らしている仲間がゴマンといることで今日はうれしいんです。、、、病院での待合室、、べつに私たちは病気ではないが、月に一度診察だけの仲間?
どこの誰だかしらないけれど、今日は向こうから話しかけてきたおじいさん、、矢切の渡しのそばで花を栽培してるとのこと、趣味で狭い土地だけど年中いろんな花を咲かせている、、、そこへ大きなカメラをもった男性が花をめでるためにきて、しばらく花談義。。。。。。。。ヤオラ一枚の半紙大の写真を見せてくれ、、、それにはセキレイが水中の魚をねらっていた時の水面スレスレの所でのホバリングの写真、、、綺麗な鳥です、そしてここの川で撮った写真ですとむ言ってクレタンダツテ。ふたりのおじいさん、、、平和な一時ですねえ。聞いた私もホンワカしましたよ。。。帰りのバス車中たった十五分ぐらいだけどわたしの後ろの席のおじさん、グーグーーゴー大イビキ立っている人も勿論私を含めてのみんな声にださないけど何となく顔がほころびてましたね、、、、、私おもわず声に出して言ってしまつた、、、、平和ですねえ、、、、ッテ、ソリャアタカラクジあたってホシイデスヨ、、、買ってないけどね。
いいのいいの、ささやかでも心がおだやかすべてのひとが平和なら、、、、ナンテ。

Posted on 2016/12/19 Mon. 12:40 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

カラスとの闘い  

我が家の平和な雀のお宿に、またカラスが来た、小さな小さなご飯粒を嬉々として食べている雀一家を蹴散らかし獰猛なあのカラス達、私は平和一家の雀達を守りたいわけ。カーテンを開けていると雀も来ないからソーットカーテンの隙間からカラス襲来の気配を察するわけ、キターッ、、、ガラット戸を荒々しく開けて追っ払う、、、そのしぐさは二回ばかり、、そうするともうこの日のカラスは来ない、雀たちは、、、、、何となく私に守られて餌を食べる、、、、、ここ二三日朝の仕事の一つとなりにけりです。
以前カラスを大きな音とともに物を投げつけて追っ払ったことがあったが、それからはカラスはこなくなった、、、、しかし、しかし、、、、、、何日か経ってカラスのことを忘れていた頃の事、門を開けに出た時、ザーットいう羽の音とともに私の頭を後ろからケトバシテいったカラスがいたっけ、、、、、なんて卑怯なカラス、後ろからの攻撃とは、、、、と思ったけれど、、、、、これ前からだつたら怖いだろうなあとは思った次第。
別に鳥たちに分け隔てはしてないけれど、雀は勿論いい、鳩や小さな小鳥達も私は受け入れる、、、けど。カラスは行儀もわきまえず他の鳥たちを蹴散らかすからイヤなんですよ、あの時々くるボンヤリ鳩みたいに一羽で来て静かに仲良く他の鳥たちと仲良かったらいいんですがねえ、、、、、。カラス目は意外と可愛いんですが、、、、、、行儀よかったらねえ。。。マアイイケド。だめだわ。

Posted on 2016/12/16 Fri. 10:49 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

どこかに行きたいけれど、今はチョット我慢  

旅、、旅行は帰る家があるから楽しいという。
最近はサラリーマン川柳とかいろいろ人生を風刺した諺のようなタグイが次々と出てくる、、、、、そこで旅から関連した句で
、、、日帰りで行ってみたいな天国へ、、、とあった、、、、そしてそれに対しての誰かの言葉
、、天国に行ってみた人々は、あまりにも楽しくよい所なので、娑婆に帰りたくなくなったから、誰も帰ってこないそうだ、、、、、
だから娑婆にいる人々は誰からも天国のことは聞いてないからわからないんだって。。。。。。。ダッテヨ。
、、、、黄泉の国に行く時わたる三途の川だって、船があればいいけれど、船賃がない時はどうするのか、、聞かれた人。
、、、、そのために今泳ぎを習っていると答えた人がいたそうな、、、。
疑われ、仕事も捨てて誰も知らないどこかに旅にでた今話題になっている人、帰る家はあるのだろうか、どんな気持ちでの逃避行なんだろうか、、、、、。
仲間との旅行は楽しい、でも一人旅も私は好き、、、、、、、、やっぱり帰る家があるからなんだわネ。
でもひ帰りで天国に行ってみたいとは私はおもわないなあ、、、なんとなくわかるから。むしろ地獄を閻魔様にみつからないようにノゾキアナからでもチラッ、、、、、とみてみたいケド。。。。。。。

Posted on 2016/12/13 Tue. 18:52 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ふくら雀、、、、雀が帰ってきた  

一時いなかった我が家にいた雀たち、田んぼのお米もなくなつたし、寒くなったので虫たちもあまりいなくなったのだろうか、今月にはいった頃から、いつものだろうか我が家を住処にしていたであろうあの雀一家が舞い戻ってきた。
朝雨戸をあければ塀の上で並んでいた雀がいなくなりだした時は少し寂しかったけれど、、、、、毎朝今はまた雨戸をあけるのが楽しみになったわけ。、、、、、、、ことに夏ごろスマートだつた彼ら、秋の食料豊富の外を飛び回ってたくましくなったのはわかるけれど、十二月冬到来、、、、さすが、、、自然界ってすごいなあ、、、羽が増えてフクヨカ、、、冬の風物詩ふくら雀となっていくのだろう。
ふくら雀ってかわいい、、、、もうひとつの意味は小雀のマルマル太っているのもふくら雀というそうな、、、。
だから年はどれもわからないが子供っポク可愛らしくみえるのだろう。
雀のことで喜んでいる私は、、、平和なんだろうなあ、、、、、、、、。

よーく観察してごらんなさいませよ、雀って頭も姿も、動きもかわいいですよ、、、ことに自分よりフワフワだから体が大きく見える小雀に餌を食べさしている所なんて、、、、、イツマデモミテイタインデス、、、、、やっぱり私平和なんだ。。。。。??????

Posted on 2016/12/09 Fri. 09:02 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

二階の長方形の欄間、、、、横長の窓  

二階の仕事する部屋の西側は一面大きな鏡だが、欄間は長方形で三つあり中央の一つはブラインドも開けていつも空が見られるようになっている。西日がある時間帯は強いので、あとのふたつにはブラインドがしてあるからその開いている一つの窓からの景色をみるのがいつも大好き、せまい長方形の中の空の移り変わり、鳥が横切っていくのをみるのは最高だし、銀色に光って小さくみえる音もしないで横切っていく飛行機、朝やけ、夕焼け、、ことに夕焼けの茜色に染まった空は大好き、、、、、、、、、
昼少し前その窓から残月を見た。ムカーシむかーしどこかではみていたけれど、長方形のワクの中やや左方面にうすくうすく絵に描いたような綺麗、、でもそこはかとなくね。せまいワクのなかは薄い白い雲が真っ青の空に浮かんで、、、残月も弦はまあまあはっきりで白くあとはぼかされていて、、、、、、、心洗われるようでした。
今日も見られるかなと期待していたけれど、、、、ナイ。でも子供が描いたような珍しいプロペラ機が遠くを横切って行った、勿論音は聞こえないけど、、、、、それはそれで良いんです。
長方形の中の狭い景色、、、雲の流れ、鳥たちの飛んで行く様子、などで季節や天候もわかるし音は殆ど聞こえないけれど神羅万象がコンパクトに感じて、、、、、ナンダカスキナンデスヨ、あの窓を見上げるのが。、

Posted on 2016/12/03 Sat. 14:23 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top