FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

本格的な夏になる  

昨夜寝入りばなに、蚊の羽音のかすかなウイーンという音が耳元に、、、、天井に向かって殺虫剤を噴霧し寝たが、いよいよ蚊の出る季節となったわけ。、、、そういえば昔寝るとき蚊帳をつっていたが、いつからその蚊帳たるものを使わなくなつたのだろうか、、。麻で緑、淵は赤、、、両親の部屋と客用のは水色と白のグラデーションのだったが、いつの頃からは子供たちの部屋も水色と白のになったが、最初嬉しくて金魚鉢の金魚になった感じで中で、ころがつたり、さかだちをしたり、はしゃいだ事を思い出す。
女学生の頃戦時中だったので兵隊さんのために、二つの蚊帳を三つにする作業をやったことがあった。。。丈を半分に切り、、一枚分の横だった布は天井とし、一枚分は横に縫い付けるわけ、、、、丈が半分になるから中で立って何かすることは出来ない、、、高さがないから、ただハイハイして寝るだけになるわけ、、、でも蚊帳の用は十分できているんですわ。大きな蚊帳なのでミシンをエンエンと踏んでも最後までたどり着くのが大変だったなあ、、、、。
昔江戸時代は今頃蚊帳売りが歩いていたそうな、、きりぎりす売り等、最近までは金魚売りとか風鈴売りもいたけれど、、、
昭和はもう昔となり、大正、明治、は大昔過去も過去となり、、、、そのうち平成も、、昔平成時代はこうだつたのよ、、、と話のタネの一つになるだろうな。、、、マスクが暑いとか、、もう蚊がでる季節本格的な夏がきてしまった。。
蚊も珍しいし蠅も珍しい、、、、、今の世の中、、、。でもゴキブリはたまーにいる、、どこからくるんだろう?
スポンサーサイト



Posted on 2020/06/27 Sat. 15:55 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

雨、梅雨、もう一年の半分が終わりそう  

今日は朝から雨、雨、雨、、、六月は柳につばめの飛んでる絵がみられるが、今の私は、しだれ柳に飛びつこうと何遍もトライしている蛙を、傘をさした小野の道風がじつと見つめている絵を思い出す。この絵は何年か前に切手になったっけ。。。
柳と言えば現在の銀座通りにはあるのか、ないのか。関東大震災の後東京の復興を記念して植えられたとのこと。。。、戦後、仕事帰りの夜母と待ち合わせ銀座に行ったが、それはクリスマスの夜だった、街はジングルベルの音楽が鳴り響き、人、人、人、で道路も店も、身動き出来ない位の混雑と騒音、新聞社のカメラマンが柳の木に登って撮影していたっけな、、、、昭和四十年代に都市改革で銀座通りの大改修とやらで柳の木は殆どなくなったそうな、、。大正、昭和の歌では、、題名ズバリの、、銀座の柳、、が有名だが、銀座の柳についての関連歌詞の歌は二十曲以上もあるらしい、。。以前は町のあちこちで柳の木をみたが、最近はめったに見なくなった。柳に幽霊の絵ばかり印象にあるが、、、、柳をモチーフとしての明るい絵って、どんなのがあるのだろうかな???みてみたい、、、。
今はつばめが飛来する季節、つばめが低く飛んでる時は雨が降るそうな、、、虫が空高く飛んでないからだそうだけど、梅雨の季節だもの雨の日が多いものね。
他県や外地などへの移動や旅行緩和、飲食街も時間制限なし、、、、大丈夫なのかなあ、、、、、。
今年はもう半分経ったんですよ、、、オソロシイ。。。。

Posted on 2020/06/19 Fri. 10:06 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

此の頃中途半端  

中途半端とは、どっちつかず、すべてに徹底しないこと、とあるが今の私の心身がそうなっているわけ。六月に入り仕事を含めて以前の生活にやや戻ってきたことを喜ぶべき筈、、、なのに、、、心は何となく、はっきりとかすっきりしないんですわ、、、。
約二か月半の外出自粛、巣ごもり状態の日々、やりたい事を次々やり、食べたい物他新しい発見もありで、かえって時間が足りない位の毎日、明日は何をやろうとか、やりかけのもの、や、読みかけの本を又明日時間がたっぷりあるから出来ると思う幸せ感をもって寝る嬉しさ等々、、、今思うに贅沢な毎日だったんですね。、、、、心身共にラクのし過ぎでした。。。
、、、こうやって反省できるという事は、まだ私はボケテイナインダと一応は思っています、、、。
ハイ、時間通りのまじめな生活があることに感謝して、仕事をします、、、、、慣れるまで少し時間の余裕をくださいな、言い訳になるけれど、自由時間が長すぎたもの、、、。
ヘンに寒い日あり、勿論暑い暑い日もありのこの頃、うっかり普通の風邪もひけませんね、、、コロナとまちか゜われるだろうし、、。
とにかく心身が健康で過ごせるよう注意しながら頑張りましょうね。

Posted on 2020/06/16 Tue. 19:02 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

静かになった病院の待合室  

健康維持のため、又常備薬の都合もあり月一回とか週一度それぞれマチマチだが病院通いの人々がいる、何回が顔を合わすうちに仲良くなり、ご常連の中で自然とグループが出来ている。、、、それは全部中高年のオバサマタチ、、。有名な笑い話で、、、あの人ここ最近こないわねえ、病気にでもなったのかしら、、、病院の待合室での会話だって。。。声高のおしゃべりなので、番が来て診察室から呼び出しの名前が聞き取れない時も何度かあったっけな、、。満員状態の待合室も三月以降人数が数える程に少なくなったし、ことに五月からは椅子の間隔は広くなるし、誰もしゃべらず、皆下を向いておとなしい、、、なんかブキミ。。。勿論ご常連のオバサマタチはいるのかいないのか、わからない。
おしゃべりが楽しみで友達になつた人と会えるのが嬉しくて病院にくるのが唯一幸せの彼女達だと思う。外出自粛、巣ごもり状態の何日も何日もさびしいだろうな、、、、、人によつては我が家にいても一人だつたり家族構成により会話する相手もいない人だっているんた゜から、、、、。早く元の生活状態にならないかと願う、、少しうるさいけど活気????ある病院の待合室が待ち遠しくなってきた。
次回七月末に私はあの待合室に行く、、どうなっているのだろうか、あの元気な彼女たちいるかな。。。。


Posted on 2020/06/08 Mon. 18:19 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

もうすぐ梅雨そして暑い夏来る  

梅の実が店に並びだした、テレビでは梅酒や梅ジュースの作り方を教えてくれている。昔はこんなことは家代々祖母から母へと受け継がれ自然に覚えたものだつたが、今は核家族となった世の中だから仕方ない事なんですね、、、。六月から学校は縮小しなからも始まったが、制服導入の学生達は、入学式が夏服、、、こんなことはじめてですわ。でも終戦の年私たちは大学、専門学校が殆ど七月入学だったっけ、、、、そして翌月八月に敗戦だものね。。。
古書を紐解くと、梅雨つゆ、、とは梅の実の熟す頃の長雨だとのこと、また物が長雨で黴るから黴雨つゆ、、とも書くそうですわ。
天地自然の現象でカラツユでも地に湿気がある時候なので物に黴が生えるし人々も湿気のもたらす病を受けるから養生しなさいよとのこと、、、。梅雨の時に黴た物は、梅の木の葉を煎じて、その汁で洗うとよい、、、、いずれも古書からの引用です。
日本では夏暑いのは当たり前のこと、暑いのと、ジメジメと細菌との闘い、、、、健康な心身を維持するためには、生活態度をよほど心してしっかりせねばなりませんね、、、冬寒い時厚着したり暖房したらしのげるけど、夏暑すぎるのは裸になってもダメだしエアコン等長時間すると身体がひえるし、、とか文句言いたくなりますねえ、、でも冬寒くて春を待ち遠しいって言ってたのはだれだろうかな。春が来たら次は夏だわよ、、、しかたないですオイデと呼ばなくても夏はくるんですから。今年は猛暑の予告イヤデスネエ。

Posted on 2020/06/06 Sat. 10:50 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top