FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

老年になると一寸したことでイロイロ  

同じ年、もう一人は少し若い、それぞれ一人住まいの友人、一人は昨年暮れ、もう一人はこの正月自宅で転んで二人とも大腿骨骨折入院手術現在病院でリハビリ中、、一人は東京もう一人は一応近所の病院だが、コロナの騒ぎで見舞いもできない、、、あちらからの電話を待つだけ。何故か二人からの電話がここ二週間無い。どうしいてるか心配していたら昨日は違う友人からの手紙、彼女の旦那が脳のナントカで倒れ、しばらく入院していたが退院、、、、しかし歩けない、寝たきりになってしまったとの事、いよいよ老老介護の状態、、、、そんな便り、、、他人事ではない、転びたくて転んだわけでもなし、夫婦仲良くヨカッタナアと思っていた友人が、、、、私は割合何事にも割り切り平常心の持ち主と自負していたのに、、、、、ナントナント昨日から気がめいっている次第、心淋しい、、、。
でも今日小学三年生の時の友人から電話、、、元気イーイ、声聞きたくてネーー、。彼は外地に居た時の机で並んでいた子、私は三年生の時日本に帰ってきたが、彼は六年生に引き上げてきて、なぜか未だに季節の物を贈りっこして交友がある。私も、、嬉しいーー声が聞けて、、元気、元気、、弾んだ声をだした私、、、、、彼の、げんきかーーーーの電話で滅入っていた気持ちは、すっかり吹っ切れたことは言うまでも無い、、、ちなみに彼は奥さんも元気なんです。
彼からの電話で今は心元気元気、、転ぶもんですか頑張りますよ、、、、でも入院中の二人どうなったか電話を待っている私です。

スポンサーサイト



Posted on 2021/01/26 Tue. 17:41 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

大寒となった  

大寒となり寒いのは当然の事、昨日は風も強く、東北道ではホワイトアウト状態となり視界ほぼゼロで100台以上の車の多重事故があった。昔のわらべ歌で、、、、おおさむ、こさむ冬の風山から小僧が泣いてきた、、、、、。またNНK歌謡曲で、、北風小僧の寒太郎と言うのがある、、、。どうして北風は小僧に関係しているのだろうか、、、、北風小僧????名前をつけたければ北風父さんだって、北風叔母さんだって、、、いろいろの名前があっても良いと思うが、、、、ちなみに南風とか西風、そして東風には、これと言って愛称はないなあ、、、。ひまなんでしょうか、又余計な事を考えてしまった。
英国からの変異ウイルスが渡航歴もない人から確認とか、、それもどこからとか、誰からかも不明とは、ますます生活するのに心配な世の中になったし、マスクも効果ないのはどれ、、これが良いとか今更何を言うのかよと思う、又入院させてもらいたいのにできない人が数千人いたり、入院を拒んだ人には罰金とか、、、、なんか変、、、、。今の状態が、いつどうなるとか、こうなるとか、神様だってわからないだろう。それをこうしろとか、ああしろとか規則を決める国の中心の人々は大変だろうとは思いますが、、。
、、、、、一般人の私は国で決められた事項は守ってますが、いつ、どうなるのか心配です。
どうして、こんな世の中になってしまったのでしょうか、、、、、、、。とにかく大寒、、寒いです,普通の風邪もひけませんね、身体きおつけねば、、、、よ。



Posted on 2021/01/20 Wed. 12:43 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

一月十五日は小正月い  

一月一日を大正月と言い十五日を小正月と言うそうだ、この日は七草の粥と違って米、粟、稗、黍、小豆等々七種類を使用して七種粥、、、小豆粥を食す習慣があるらしい。正月とお盆の十五日十六日は藪入りと言って、奉公人が主家から休暇を貰って親元に帰る日とのこと。現在は働き方改革とやらで、そのようなシキタリは殆どないだろう。
今年は丑年、、小学校の先生は一年生が入学した時その年の干支で大体クラスの雰囲気がすぐわかるらしい。申、子、虎、戌等干支独特の性質は不思議な位その動物の性質と似ているそうな、、、、。ただし同じ干支でも今年生まれ、十二年前、二十四年前とかかく年によって多少の違いがあるとのこと。ちなみに、ごく一般的に全体の丑年の人は何となく大きくがっちりした感じ、寡黙の人は動作も緩慢でやや鈍重、一般に喜怒哀楽をすぐ表情に出すし、少し片意地で頑固、しかし根が正直、、、、他いろいろ、、、、。ただし生れ月によってマタマタ多少の違いがあるようです。十二支は一年間の季節を現したもので、、文献によると中国からの説だが、ベトナムでは十二支の中のウサギが変わりにネコになっているそうです。以上くだらないウンチクですが、、、
占いでは九星、西洋占星術、タロット、八卦、手相他数あまたの種類の占いがあるが、信じるも信じないもあなた次第ですわね。
゛先祖、両親から頂いてきた大事な命、、この世に生まれてきたのも何かわけがあるのでしょうから、粗末にすることのないよう心して、一生懸命生きることですね、、目に見えないコロナなる細菌に負けないようにせねば。。。
生まれた時に頂いてきた寿命までは元気でいたいものですもの。
小正月が過ぎればもう春です、、、、。

Posted on 2021/01/15 Fri. 10:56 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

水仙からの思い  

暮には知人から、そして新春を迎え近所の方から、それぞれ沢山頂いた水仙、どちらもすぐ仏壇に供えたことは言うまでもない私である。いずれも皆が良く目にする日本水仙、、、ちなみにラッハ水仙はヨーロッパ系とのこと。
以前友人と正月休みに伊豆半島にドライブ、伊豆半島突端の爪木崎に水仙の群落をみにいった、海への細い道を降って海原を目の当たりにした途端、日本水仙の群落、延々と続く水仙の群れ、その景色は圧巻、それにつれて、ふくよかな上品香しい匂い、、、背景の、、海、との何重もの素晴らしさで、、、、ワーッスゴイスゴイと一度叫んだが、あとは二人とも無言動くこともせずその場に立ちすくんでいたっけなあ、、、。、、、、我が家の門の脇に数本の水仙があり、それだけでも新春を感じ楽しんでいたが、今年は暮に草取りの人が雑草と共に全部抜いてしまって、気が付いた時は後のまつり、、、、ナクナッテシマツタ。
あと二〇日余りで節分を迎える、我が家の沈丁花は春を待つ用意、蕾が大きくなってきた、、。世の中は梅、菜の花、、、そして桜へと春を迎えて行く、世の中コロナによる緊急事態宣言中でも自然界の季節は相変わらず移り行く次第。
コロナウイルス拡大が日本だけではなく世界中なのが不気味だし、各国の政治、経済他色々不穏だらけの今、心休まり春を迎えて次々芽吹いてくる花々を安心して愛でていられる時代になって欲しい。
、、、、今まであった所に、又水仙を植えようと思う、、、今度は小さくても柵をして、、ならば雑草として抜かれることは無いだろうと。

Posted on 2021/01/10 Sun. 11:36 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

寒の入りとなり、松のうちも明日七日で終わり  

あっと言うまにもう三が日が過ぎ明日は七草の節句である。陰陽道では七日が占い初めとのこと、日本では昔からの風習で七日には七草粥を食べると一年間無病息災でいられるとの民間信仰がある。スーパーなどで七草を小さな籠に入れて売っているのを見る、、、大根もかぶも小さい小さい、、、。、、、、七草なづな唐土の鳥が日本の土地を渡らぬ先にトントンパタリ、トンパタリ、、、と歌いながら包丁で七草を刻む習慣があった。これは外国からやってくる渡り鳥が、疫病を運んでくるとの俗信から、鳥が日本につかないようにパタリパタリと海に落としてしまう、、、との一種の呪文だそうだ。ちなみに我が家では七草粥として、やったことは無いが、、。
とうとうコロナウイルス拡大ますますなので明日位かな又緊急事態宣言がでるとのこと、各所の成人式の開催が無いとかあるとか、、、、、、。約七十年前に成人式なるものが制定されたが私は参加した覚えがないし、、いつ頃から大部分の成人が貸りてまで振袖を着用するようになったのだろうかな、、、、ま、、どうでもいいけれど。
日本列島寒気が強く、ことに今年は大雪注意報が各所に出ている、天災は仕方ないと一応は思うが、コロナなる細菌の拡大を防ぐ方法など人間の能力で、どうにかならないものだろうか、、それも早く、と願うばかり。。。
明日日本中の中でどこかの一軒からでも、、トントンパタリトンパタリ、、と歌とまな板の音が聞こえたら奇跡だなあーーーーーー。

Posted on 2021/01/06 Wed. 10:18 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

やっぱり富士山は日本一  

最近はコロナが理由になる前からこ三四年は正月のお参りはどこにも行ってない。以前は二日か三日には江の島に初詣をしていた、朝早くあの江の島へ渡る橋から見える朝日を浴びた神々しい富士山の姿、今年もきましたよ、、、と私は心のうちで叫んでいるのです。そして渡り切ったところにある海側のオープン休憩所で朝食にと持参した、お結びを頬張り、熱いお茶を飲む富士山と海を眺めながら、しばし休憩、、、それからお参り、神殿で祝詞、、、ノリト、、を頂き、帰りは江の島駅そばの行きつけのシチューとコーヒーの店に行く、そこはコーヒーカップの好きなのを選べる店、、そしてもう一軒寄る所、猫のグッヅ屋、、そこには店内にテレビがあり箱根駅伝の放送がある、店主としばし雑談、、、、、、そして帰宅、、、そして駅伝のテープを切るクライマックスを家で見る、、、二日だと往路、三日だと復路、、、、、。それが以前の長年にわたる正月の私のパターンでした。
正月休みの三日間普段観られない珍しい狂言があったり、時間がたっぷりあるのでオーケストラに堪能できたりいろんなチャンネルを回し、思いがけない発見もあり、、です。これも健康だからこのような生活ができるんだと感謝、感謝の毎日です。
、、、、誰に感謝???何に感謝???誰とか何になど一口には言えませんそれほど沢山の関係する人々は勿論モロモロです。、、とにかくお蔭さまで元気に過ごさせていただいています。今テレビでは箱根駅伝の放映中です。今は往路最後に近づいてますから見なくては、、、、、、。以上。


Posted on 2021/01/02 Sat. 12:04 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

令和三年元旦  

新年おめでとうございます、昔は元旦に学校で新年の式があった、、、、、年のはじめのためしとて、終わりなき世の目出度さを、松竹たててかど゛ごとに、祝う今日こそ楽しけれ、、、との式歌を歌ったっけ。。。、、、まつたけっくりかえしておおさわぎ、、、と替歌を子供達は歌っていたり。-----元日か二日に見る夢を初夢と言うが、枕の下に七福神の絵と共に、このような回文を書き敷いて寝ると素晴らしい初夢がみられるとのことです、、が、、、以前何回が試みたが私はいずれも夢を見ないで朝までグッスリねてしまったわけ。、、、なかきよの、とおのねふりのみなめざめ、なみのりふねの、音のよきかな、、、。、、回文なので最初から読んでも終わりから読んでも同じなのです。
昨年はひどい年でしたが、、、、皆同じように今年こそ良い年でありますようにと願っていますが、願いは届くのでしょうか。
森羅万象すべてが多幸であってと願うのみです。
子供の時家の前の道路で近所の友達大勢で羽根突きをしたし、兄とこれも近所の土手で凧揚げをやった、私は奴凧、兄貴は武者絵、、それにブーンブーンとなるうなりをしかけたりして、昔は遊び場に不自由しなかつたけれど、今はねえ、、、、。そんな昭和の遊びをする子はいなくなったし、、、それがいいのか悪いのか、かわいそうなのか、、ただ昔者の私は思う、、私達の子供の時代は良かったなあって、、、、ただし戦争が始まる前の話ですがね。。。
さあっ、、、今年頑張りましょう、残り少なくなった人生だし、無事にまた一年が過ごせられるかわからないけれどボケナイヨウニシンシントモニゲンキデアルコトヲ願う、、本年最初の日です。




Posted on 2021/01/01 Fri. 09:42 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top