FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

梅は咲いたか桜はまだかいな  

数日前湯島天神の梅の紅梅、白梅の見事に咲いている写真を知人が見せてくれた、又私は近所の公園の紅梅、白梅のまだ五分咲きだけど脇の道を通りながら楽しんで見た。ついつい、、、梅は咲いたが桜はまだかいな、、、と言うフレーズを口づさんでいた。
これは江戸小唄の一節だが、その先の歌詞は知らないし、勿論小唄なるものを歌ったこともないが何故かその文句は知っている。。。
近所のその公園は二月に、、梅まつり、、があり、近所の女子高生の茶道部員がお茶をたててくれるが、昨年はコロナの影響で祭りは中止、勿論今年も中止である。昔から有名な短歌の題材は桜より梅をうたった作品のほうが多いとのこと。桜は華やかでダイナミックで見事で素晴らしい事は言うまでもないが、梅には梅の独特の優雅な美しさと、ほのかな香り、静かなたたずまいとで一味違う心に染みる何かがある。まだまだ寒い日があるだろうな、梅の花に雪が積もっている景色をよくみるものね、、、、、でももう春、菩提寺から春のお彼岸供養の知らせが今日届いたもの。
ついこの間正月だったのに、コロナでの自粛、自粛の毎日でいつの間にか日が経ってしまっている。
でも花の便りが季節を教えてくれるし、生きる活力をもたらしてくれる、ありがたいことと思っているのです。
鶯の声も近々聞かれるかな???

スポンサーサイト



Posted on 2021/02/20 Sat. 13:37 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

手縫いは大変来る二月八日は針供養の日  

コロナ拡大のための自粛の毎日、ヒマがあるので、ありあわせの布でマスクを作りだしたが、手縫いでの仕上がりのヘタが目立ち、何故か疲れるわけ、、、、そこで長年使用していなかったミシンで作ってみようと、、、、ナントナント早いし疲れないし仕上がりが綺麗だし二十枚位があっと言う間に出来てしまった、そこで知人に片端から貰ってもらった、、。今は少し厭きたので中止だが、きっと又私は作りたくなるだろうな。。。昔はミシンが無くすべてが手縫い、布団や衣類、産着、おしめに至るまで、、、、だから江戸時代は巷で、針や糸売りが歩いて商売が成り立っていたわけね。裁縫が出来なければ嫁には行かれないなんて、そんな世の中だから、折れた針が沢山出来て、それを、供養する、、ご苦労さんの意味もあり豆腐やコンニャク等柔らかいものに刺して神社やお寺で供養してくれる、、全国的に二月八日が針供養の日となっているのですわ。昭和の時代女子学生は裁縫の時間が教科であり、運針と言って真っすぐにチクチク縫う練習を厳しくしこまれた、そして浴衣とか上級生になると和服のあわせ等を縫ったんですよ。
ある時からミシンで縫った浴衣が売り出されていてビックリしたこともあったっけ。昭和の初め私の母はシンガーミシンが世に出た時講習を受け習い、私達七人の子供の服、そして制服まで縫ってくれていたな、、、。母のお母さんは和服の仕立てが得意で、独身になってからは芸者さんの出の衣装を頼まれて仕立てていたとのこと。、、、、、ちなみに私は裁縫の時間が大嫌い、机の上では縫っているフリをしていて、向かい合わせの大きな机だったこともあり前の友人とケトバシアッテいたのを先生に見つかり、その机の全員六人立たされたことがあった、、、、。、、、現在も和服関係の方々縫う仕事の方々、、は針供養の行事は行っているそうです。、、、、、針のメドに簡単に糸を通せる機械???があるそうな、、、、、便利な世の中だわ。

Posted on 2021/02/06 Sat. 13:51 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

二月一日になった、明日は節分  

地球が太陽を回る周期暦のずれの関係で例年より一日早い節分となったとのと。以前には四日の日もあったそうだ。軒下に鰯の頭柊の枝をくくり、厄除けのためつるしていた習慣があったり、豆を歳の数より一つ多く紙に包み小銭を入れて近所の四つ角においてくる、、これは亡者が拾いこれも厄落としなんだって、、、。地方には色んな節分に関した習慣が昔はあったのですね。狂言でも鬼に嫁になれと言い寄られた女が、鬼はあっちに行けと豆をぶつけて追い払ったというのがある。節分の豆は鬼打ち豆とも言う次第。ある地方の神社では厄除け鬼祓いの狂言として節分の日に行う所がある。
思えば昨年の二月初め世界を巡る豪華客船の乗客からの新型コロナウイルス、、、中国武漢が発祥とのことだが、あれよあれよと言う間に世界中に広まり、あれから一年経った現在も収まるどころか更に広がり感染拡大の恐怖の生活を強いられている私達。まさかこうなるとは一年前の二月には考えてもいなかったですね。
節分が明ければ立春、、、はーるよこい、、、はーやくこい、、、と平和な気持ちで歌いたいものですわ、、。
都会住まいの人々は、、隣近所に騒音で迷惑をかけられず、、福わうち、、鬼は外、、、と大声を出して外に豆も撒けないとのこと、、
無邪気に子供達が家中走り回って行った行事も段々なくなるだろうな、、、、。
二月に大雪が降ったことを思い出した、、、何といってもまだ冬ですよ、、寒いですもの。

Posted on 2021/02/01 Mon. 10:29 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top