FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

夾竹桃の花咲けば  

何故か真夏になると。。。夾竹桃の花咲けば、、、、、という詩の一片が頭からはなれなくなる、子供の頃から片っ端から小説を読んでいたし、詩も大好きだったから、、少年小説のオーソリティー佐藤紅禄の、、ああ玉杯に花うけて、、などわすれられない本である、お
なじ佐藤紅禄の、、夾竹桃の花咲けば、、もしかり。その本の見開きに紅禄の父、、サトウ、ハチロー、、の詩が載っている。
、、、夾竹桃の花咲けば、過ぎしむかしを思い出す、おやさしかりし母さまを、したしき友を、あのころを、、、、、、、。
、、、夾竹桃は赤い花、わがまなびやに咲くきし花、、、、、、、、、以下ずーっとつづく。
以前千葉駅前の道路の並木は夾竹桃だつたが、今はどうなつているのだろうか、、、、、、。
、、、、、、、、夾竹桃の花咲くけば過ぎし昔を思い出す、、、、、、、、、、

少年小説家の佐藤紅禄の小説だけど、この夾竹桃の花咲けば、は少女が主人公の少女小説なんですよ。
今日は復刻版だけど、本棚から出してこの小説をじっくり、又読むことにする。
スポンサーサイト



Posted on 2016/08/15 Mon. 12:53 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chieyakko313.blog.fc2.com/tb.php/269-9e55e4a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top