FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

人の死がどんなに悲しいものか初めて知った幼稚園の時  

日本に大型台風が来るたび思うこと。昭和九年関西地方を襲った室戸台風、当時私は幼稚園時代で岡山県在住近所の一級河川、旭川反乱堤防が切れて街中軒先まできた大水、近所のガソリンスタンドで火災発生、その家に住むわたしの友人は父親に抱きかかえられて水に飛び込み脱出した途端、水流の激しさと流れ来る障害物のため、父親の腕からはなれ、のちに水死体で発見された・。。。それを聞いた時うまれて初めて人が死ぬという事を知り、同時にすごい悲しさで胸がはりさけそうになつたのて゜ある。二階から、家の前の大水が流れている道路を大きな黒い牛が流れていくのをみながら、少し遠くの火事の炎をみていた私、両親や姉達はその時ガソリンスンドの火事と知り水面を炎炎と燃えているガソリンが水の表面を我が家方面に流れてくるので、どうやつて家族みんなで避難しようかと大変な思いをしていたそうな、、、、。
今回危険水域超えたとか岡山県の旭河危険などのニュースが流れている。。
あれから何十年経つ、その後家族をはじめ知人友人の死とかず多く向き合うが、なぜかそのたびに幼稚園の時の彼女の死に直面した時の深い悲しい五歳の時のことを思い出す、、そして岡山、旭河、、、、。
天災を防ぐ方法はないんでしょうか、、、、、、、。

スポンサーサイト



Posted on 2018/07/07 Sat. 12:56 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chieyakko313.blog.fc2.com/tb.php/395-4a0d9f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top