FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

季節をしらせる日本語の美しい事よ  

二月の末に雨が降った、これは、、、催花雨、、、サイカウ、、、と言うそうな。桜の花の開花をうながす雨だつて。日本の言葉は美しく情景も浮かんできますね。今の世は今年の服の流行カラーは何色系などファッション業界から発表されますが、、、、昔の日本は季節に応じて、、、、なんと美しい森羅万象を衣服で表していたんでしょうか、、、平安時代からは勿論、あの服飾関係では誰一人知らない人はいない、、、十二単の色の重ねなんです、春夏秋冬決まりの重ね色があり、なかには季節を問わない色などもあり、、、、重ね具合によつて微妙にでてくる色にこだわったり、、、、それが花は勿論季節の風をかんじたり、風景の色彩を感じたり、次にはこんな季節になるとの予兆を知らせたり、、、、、そしてそれぞれの色の名称も美しく、、、今なら、、薄花桜、桜萌黄、とか待桜等々単にパステルカラーなどと十派ひとからげ言って欲しくないなあなんて年寄りはおもうわけまどうでもいいけれど、、、、、、、。
和服は梅のがらは咲く前に着るとか桜も同じ、、昔の日本人は来るであろう季節をたのしみ、、何となく奥ゆかしくシャイだつたのかなあと私は感じた次第、、桜満開の時満開の桜のがらの衣装で歩いたつてイイモンネ。今は、、、、、。


スポンサーサイト



Posted on 2019/03/01 Fri. 12:37 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chieyakko313.blog.fc2.com/tb.php/424-cba58e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top