FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

お盆が終わり皆さんがおかえりになつたハズが、、、。  

今日は午後から動きたくなく、手近の本棚から一冊の古い本を取り出した、それは母の弟が書いた詩集、この叔父は新聞社の記者だつたが主に地方の歴史とか風習などに興味があり、友人が大勢いるし自費出版の本は十数冊ある人である、、、ただ男女の情など、そっち方面の詩が多く、一時、、内外タイムス、、ちょっとエッチがかつた記事などその頃は載せていた新聞に、いつも男女の恋などの、、、どどいつ、、、を叔父は書いていた位、、、、この本は題名、、雑草の丘、、抒情詩集とある、三部になっているが、三部目の思い出と題したのは、、子供達の遊びの様子を詩っている。。今の子はもう遊びとして興味がないだろうが、、せっせっせ、、とか綾とり、、など、、、、でも私は子供の時この詩を詠んでも、、なにもかんじなかつたけど、、、叔父らしい、、色をこんな子供の遊び風景にいれているなんて、、、、、とイマキガツイタ、、、。たとえば、、せつせっせ、、詩の終わりころ、、、白い細い手しなうように、ぼくのてを打つやわらかさ、、、、、だんだん打ち合う手のひらが唄といっしょにはやくなる、、、、垣根にカラタチ咲いていた。。。綾とり、、、は、、、手首に色糸巻き付けて、、たがいに細指綾にかけ、、こ指でひいてはくぐらせて、、、橋の形や小鼓の、、、綾とり掛けとりいろ糸の、、いつかはじめにまたかえる。。。色気のない私に叔父は、、子供でも男は男、女は女なんだよって、、、ものを書くとき。何か創る時に知っておくとイイヨ、、、と教えてくれたのかもね。、、。お盆送り火にきがつかないふりをしてまだ我が家にいたのかも、、あっちに帰った母が、、あの子まだいたの、、、、、帰っといでと、きっと叔父をよんでるだろうなあ
スポンサーサイト



Posted on 2019/07/24 Wed. 18:51 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chieyakko313.blog.fc2.com/tb.php/446-f89f2603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top