FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

いずれ、あやめか、カキツバタ  

五月゛五日風呂に入っている最中に、、、今日は菖蒲湯だと気がついた、、、時すでにおそし。柏餅の食い気の方は前日にわかっていたのに、、、、。そこで思うに、あやめ、花菖蒲、杜若を見分けるのはどうだっけ、、、数年前に友人が絵図面と共に、その違いを書いたのを私にわざわざ郵送してくれていたが、その時は判った、、、ラシイ、、、。が、、、だから粗末にしてしまったのだろう、、とじこを探してもそれが無い。広辞苑をひもといても、、ああそうか、、と思うだけではっきりはしない。、、、マ、、いいけどね、、。
菖蒲はあやめ科ではなく、杜若はあやめ科とか、、。平安時代の上層社会の女性は重ね着をしていて、季節の色をどうやって上品に着こなすか等々、、、だから季節の山吹色、、菖蒲の緑や紫、白をどれを表地、チラリと見せる裏地、、さらにぼかして出てくるようにとか季節に対してのセンスが良くなければ、みっともないとされたそうな、、、。
今はわざとボロにしたり、寒いのに薄いヒラヒラスカートをはいたり、上着から下の着衣が見えたり勿論素材、色関係なし、、、それが伝統のある和服にまで及んでいる昨今、、、、、誰が何を着用していても自分が納得し満足していれば良い世の中過ごし良い世の中になりましたわね。でも季節を知らせてくれる花々、、それぞれの花の思いに感謝山々です、、、梅、桜、桃が終わり山吹や、花菖蒲そして藤になっていくのです、、、木々や空もしかり、、、ちゃんと季節を教えてくれますもの。
スポンサーサイト



Posted on 2021/05/09 Sun. 11:58 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chieyakko313.blog.fc2.com/tb.php/577-b8c34a05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top