FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

あんずのハッパ、、、、、  

最近やたらと脳裏をよぎる歌そしてそのメロデイ、、、、あんずのハッパはあんずの香がする、みかんのハッパはみかんの香がする、それでもハツパはハツパッパ、、、、、誰かこの歌知ってますか・
私は遠い昔この歌を聞いたし、だから覚えている、いつのころだろうかな、老人になると今のことはすぐ忘れるけれど昔の事は異常に覚えているという典型的な年より現象にいよいよなつてきたのかな私は・・・・・
意味をいまさら思うと童謡にしては深刻、心理をついているわねえ、結局ハッパははっぱなのよ、石でもないし動物でもない、、、そして突然世の中になんのかかわりもなく出現したものでもない、親があり祖先、、、
それがあんずだつたりみかんなんですよね、人間だつて木の又から生まれたわけではない親がいたからなんですよね、私だって親がトマトだつたらトマトとなってうまれるもの、トマトのハッパはトマトの香がするかしらないけれど、、、、、、
どこ生まれでもどんな環境の生まれでも親が人なら人として生きているのは当然だわねえ、馬になりたくたつて鳥になりたくたつてなれないもの、だからないものねだり飛行機をつくったり乗り物をつくつたり、、、
なにしたつて人として生まれたら人だわ。
歌謡曲にある歌詞で、、、富士の高嶺に降る雪も、京都先斗町に降る雪も、雪に変わりはありはなし、溶けてながれりゃみな同じ、、、ハッパはハッパ、雪は雪、人は人。。。。
なんだか哲学的になつてきた、イイワいいわ、、、平和なら、世の中も自分の心も。
ハッパのこころ、雪の心をみださず、それぞれが生きていく場所が平和であつて欲しいなあ
いつまでも寒い、豪雪地帯は大変だし、、、でも春は来る、、でも暑いやりきれない位の暑い夏も来る、そして秋枯れ葉での風景でロマンチックになつている閑はない、そして又寒い冬が来る。
本当は心理について考える閑ないんですよ、急がなくては、一年なんてたった五十二週間、
ついこの間お正月だつたのに
スポンサーサイト

Posted on 2013/02/22 Fri. 10:08 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

コメント

“一年なんてたった五十二週間”

この50年、一年を週単位で考えたことなかったかもしれないです( ̄◇ ̄;)
そう考えると一年あっという間に過ぎるのも変に納得です~。。。

わたしも急がなくては…(´・ω・`)

URL | megurin #-
2013/02/22 10:34 | edit

葉っぱっぱ

さらに調べましたところ、大正2月に作詞北原白秋、作曲成田為三により「葉っぱ」と言う歌がありました。のちに「葉っぱっぱ」と題名が改められたそうです。大正10年と言うと今から92年前にできた歌なので、これはやはり先生のおばあさまからの伝授ですね。
何かちょっとすっきりしましたかv-361

URL | tomo #-
2013/02/23 10:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chieyakko313.blog.fc2.com/tb.php/72-0c4cd5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top