FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

春やっぱり桜です。  

とうとう我が家の花桃満開なり、今年は花の数が少ないことよ、でもケナゲに咲いている、、リッパリツパ。

真間川の土手の桜は昔から有名、昨日は八分位咲いていた、、、、それも有難いことに友人が私に見せたいからと車でわざわざ遠回りして、この桜土手をはしってくれたんですよ。
私が小学校に通う道がこの土手の対岸の道、その頃は川面に枝がのび、橋もひなびていたし、なだらかな斜面は水草や春を告げる草がたくさんあって、今のようにコンクリートで囲った風情もない川と異なり、楽しそうに亀が泳いでいたり小鮒が群れをなして泳いでいたけれど、汚水がながれこむ時代になり、そして周囲をコンクリートでかためてしまつた川。。。あの頃いた亀やフナ達はどこにおいやられたのだろうか。。。。。。
ながい距離の土手には桜の木がはじはかはじまで数えきれないくらいあり、それは江戸川の水門までつながり、
真間山の参道から京成電車の踏切までの横の道も左側は踏切まで桜の道だつた、、、、、、、。
時代とともに美しく枝を伸ばせる空間もなく、水面に美しい姿をうつすすべもなく、つまらない四角いコンクリートにかこまれたかわいそうな川とともに、桜の木の数も昔の盛りを思わせるほどの数もなく、周囲の家々は、どれもビスケットでこしらえたような同じような住宅。
小学校に通学していた時は片方が真間川、片方はタンボ、自分の影で遊びながら、時には時間を忘れてオタマジャクシをおっかけたりね。
その頃危ないから真間川で泳いではいけませんと学校から生徒全員注意をうれたっけ。
男の子たちは川辺の浅瀬でビショヌレになりながらも遊んでましたもの、、、イイ時代デシタネ。
昔をなつかしみ昔は良かったというのは年をとった証拠だと言わば言えダワヨ。
桜土手、以前はたしかに桜土手。今は六丁目から入る斜めの道が桜土手かな、でもあそこには川があり桜があったから土手だけど、今はただの桜の木が並んでする道。そして川に出るけど土手には桜がショコショコとありあれが有名な桜土手とは恥ずかしくて世界には言えないよね、、、又云うけど、昔は見事な桜土手だつた。。。。
辺鄙な所を歩いていて桜が゛咲いているとア、桜だと、咲いて初めてここに桜の木があるんだと気がつくんですよね。。。。。十三歳の仕舞初舞台セイオウボをまった時桜の模様の中振袖で赤い袴だつたっけ
スポンサーサイト

Posted on 2013/03/22 Fri. 09:15 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chieyakko313.blog.fc2.com/tb.php/81-d0dbe0b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top