FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

三月十日が忘れられない  

人それぞれだが自分に直接被害はなかつたが忘れられない三月十日。もう七十五年も前のこと、いつもは一機か二、三機で飛来してくるアメリカの飛行機が九日の夜は数機ずつ次々と蚊の大群のようにサーチライトに照らされながら木更津方面から東京に向かって行った、、、、しばらく経ったら東京の空はマッカの炎色一面、それが黒と赤の混ざった不気味の色になり、金色の光がチラチラ混ざり絵で見たことのある地獄絵の火炎地獄と同じ感じ、、、我が家からは江戸川を挟んだ対岸の空のこと。
私のクラスの友人四人がその時亡くなった、、、友人をはじめ大勢の人が炎の中でもがき苦しんでいるのに私は一晩中ただなすすべくもなく東京の空をみていた。。。。
明けて十日朝女子高生だった私は市内の医者と共にこっち側の橋のタモトで非常食、、ワズカバカリダッタ、、を配ったり火傷の治療の手伝いをした。、、、、、数えきれない人々、全員何も持っていない、、ただ皆が歩いているから皆の行くほうに、、、それも下をむいたままトボトボとゆっくりゆっくり足を運んでいる、、、、。慰めの言葉もかけられない、、、東京を逃れて各方面に行ったからこの千葉方面はほんの一部の人だろうが、、、、。
今は大災害のあった時は国や各市町村が仮設住宅や色々援助があるだろうが、、あの時の彼等はその後どう生きていけたのだろうか、、、どうやって生き抜いていったのだろうか、、、。
大事な人を失ったり故郷が亡くなったり、忘れることのできない計り知れない辛い思いを持っている人々は沢山いる。。。。
が、、、私はいつも三月十日になると、、どうしても思い出してしまうんです。

Posted on 2020/03/10 Tue. 10:40 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

外出なし、仕事なし、来客なし  

コロナウイルス感染拡大防止のため、外出を控えている。だから狭い庭だがボーツト眺めている時間が多いわけ。雀が数羽いつも遊びにくる、、、カワイイ。。。昔創作舞踊を創っていた頃、あまりにも可愛いので、、、すずめ、、と言う作品を創り発表したことがあった。庭の梅の木に鶯が飛来した時は、目白とか他の小鳥とは違う、、笹の葉がピラピラ風にゆれるような不思議な動きに魅せられて、、春告鳥、、、と題した作品をコンクールに出したこともあったな。初春の琴の演奏、、春の海、、、で、、かもめ、、の群舞を創りたくなって江の島の海で長い時間過ごしたり。その頃は動物園、植物園、山、海、工場他詩や短歌、俳句、小説などいろんなことを貪欲に自分の知識のヒキダシに詰め込んで、、すべて創作の材料にしていたっけ。そして衣装の考案も楽しくて、、、、、。
昔は寝る間も惜しく何かしていたかったのに、、、今はすぐ寝たくなる、外が暗くなると何よりも眠気が押し寄せてくる、、、。
昔ほどではないが、脳はまだ健在そして無傷、、しかし年を重ねすぎたためか身体が付いていかない、、、身体が拒否反応をおこすんですよ。、、、、だからハガユイコトモ多々生じてくるわけ。
まだまだやりたい事が一杯でてくるのですがね。世の中の情報をみて欲しい物もるが、、、、つい思ってしまう、、、今更勉強してなんになるかよ、、、。と、、、とにかく今は外出しないし、来客も無し、自分勝手に使える時間が多い、、、イヤ、、、多すぎるけど
、、、、何かしたいんだわさ。。。貧乏暇なしの体質になっているのかな???????

Posted on 2020/03/07 Sat. 11:20 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

雛の節句今日は三月三日  

日差しもまぶしく暖かい今日の雛祭りである。、、、、灯りをつけましょボンボリに、お花をあげましょ桃の花、、、という童謡は私は子供の時レコードを持っていた、それが未だに歌われている。桜を題材にした歌は数えきれない位あるが、雛祭りの歌の新しいのは聴かないが、、、、。女の子の節句三月三日、一番上の姉のお婿さんの誕生日と初めて聞いた時、私は複雑な感じを持ったことを思い出す。。。彼は海軍軍人で世界大戦中ラバウルで戦死、遺骨は多分海の底だろう、、、白い箱で遺族のもとに帰ってきたが、中は一枚の写真だけ、、、、。
我が家の昔からあったお雛様は私の幼い時の台風で床上浸水した時水につかりキメコミの布は剥がれ、お顔など無残な状態となってしまった、、。今は小さい今風のがあるが。
世の中色んな事がある、、、、それが世の中。人間なんて宇宙から考えると小さい小さい、そして弱い弱い、、、、、だから、どうしたの、、、と言われても返す言葉はないしね。。。
とんなアクシデントがあっても、地球次第世の中の流れれのまま流されて生きていくしかないんです、、人間なんて。
コロナウイルスの件で大変な世相、対岸の火事とは決して甘んじてはいないけれど、、、
雛の節句の日として、とにかく今日は良い天気に恵まれて良かったですわ。。。ね。


Posted on 2020/03/03 Tue. 10:44 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

三月春になつたのに  

三月、桜の便りもあり鶯の初鳴きもあつたそうな。しかしトンデモナイ春を迎えたものですね。外出もしない一応籠城の覚悟は出来ている。近所のスポーツセンターからコロナウイルス感染患者が出たとニュースが流れたら、甥や知人、友人から心配の電話やメールがあり、何かあったら連絡をとの心強い言葉をいずれからも頂戴した、ありがたいものです。。。
、、、何かないことを願うばかりです、、、。何年も使用していなかった体温計で熱を測ってみたり、、、、ヤダワネエー。
テレビでは有識者がそれぞれの考えとか研究結果などケンケンガクガクしゃべっているけれど、どれも同じようなことばかり。。
戦時中にあった、、、一億一心火の玉で、、、と言う標語を思い出した、、、なぜだかわからないけれどね。
世界が不穏の時代、、病原菌のために世界が不安な状態になってしまった今、、、困りましたね。
暖かい春がせっかくきたのに、、、、。

Posted on 2020/03/02 Mon. 10:19 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

童話を読んだ、、、この懐かしさは  

何年前に買ったのか忘れた位の本、、、日本の名作童話なる本を今回読んた゛、、、この懐かしさは何だろう。。。
芥川龍之介、菊池寛、他にも与謝野晶子や島崎藤村、巌谷小波他、、、へえーこんな人も書いていたのという位の文豪、作家が童話を書いている。殆どが悪い心をもっているとか、貧乏人をバカにしている、自分勝手理不尽の人などが、最後はバチガアタリひどい目に合うとか、死ぬ等々。
グリム童話ではないが、相当怖い結末のが多い、、、、だから心優しく、正直な人でいないとイケナイネ、、、教科で修身がなくなった今の世こそ必要な童話だし。昔は金持ちは貧乏人をさげすんでいたし、、。頭のやわらかい子供の時にこそ読ませる必要があるんですね。桃太郎や浦島太郎など深く掘り下げて他の解釈して喜ぶ人もいるけどそれはそれ、、だってお土産に煙でお爺さんにさせたり、暴力で鬼から宝物を奪ったり、猿かに合戦だつてあんなに大勢で猿をコテンパンにやっつけなくたってイイジャナイノ。。考え出したら何もかも面白くもヘツタクリも無くなってしまう、。戦中、戦後すぐの童話は涙が止まらないが、戦争を知らない子が読むと、あの深い世相は判るまいな。
イソップ物語やロビンソンクルーソーや、ガリバー旅行記などはもう明治時代に翻訳されて日本に紹介されていたそうな。
今の創作童話もいいが、綺麗な日本語を使った文章の童話を私は歓迎する、そして何回も読みたくなる又読み聞かせたくなる童話の出現を望むんです。、、、大正時代の童話の宝庫、、赤い鳥、、からの沢山の童話スバラシイですよ。、

Posted on 2020/02/28 Fri. 11:16 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top