FC2ブログ

インフォメーション


東 千惠フラメンコスタジオ発表会、無事に終わりました!

たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


教室のご案内はこちら♪

年はとりたくないもんだ、、、、。  

昔は数え年で年齢を決めたから一月一日正月が来ると年を一つとろが、今は満年齢だからそれぞれ生年月日が来ると年をとるわけ。私の祖母は元治元年ねずみ年生まれ、その祖母が私の小学生頃、何かしたあと、、疲れた、、年はとりたくないもんだ、、、と言っていたが、今私はその祖母のこの言葉が身にしみてわかるようになった次第。最近はこんな筈ではなかつたと運動神経他エトセトラすべて哀れダメになってきた。世界一素晴らしい機械だつて半世紀以上も使用していたら、あちこち傷むし摩滅するし段々使用不可能状態になるでしょ。最高の技術でメンテナンスをしても新品同様にはなりきれるもんではないでしょう、今更新品の勢いは期待できませんわね。
あちこち修理しつつなだめながら使用するしかありませんの。
、、、、ああ、年はとりたくないもんだ、、、、です。

Posted on 2020/01/11 Sat. 15:49 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

初夢、、、今年もみなかった  

元日の夜みるのが初夢とのこと、、、、なかきよのとおのねふりのみなめざめ、、、アトツヅク、、、、、。上から詠んでも下から詠んでも同じ文となる歌と七福神の絵と共に、枕の下に敷いて寝ろと、、、教わり子供の時実行したがナンラ効果なし、、その後は知っているが実行したことはない、相変わらずいつも通り何の夢も見ず朝までグッスリ。そういえば日本には三大吉夢、、、一富士二鷹三なすび、、と言い伝えがある。私の父は公務員、母は父の位があがる度二、三日前に、、なすび、、の夢をみるそうな、、、、それは何度か経験してから気が付いたことだって、、、、。夏大掃除をした時タンスの小引き出しから未使用の日本手ぬぐいが出てきた、それは見事な藍染の図柄、、、富士山と鷹の紋そしてなすび、、、何となく嬉しくなりベッドの脇の壁に今まで掛けてあった絵と交換、、、現在はその手ぬぐいを張ってあるんです。、、、、、でも相変わらずナンノ夢もみないんですけど、、、、でもなんだか落ち着くんですよ、、、、。
三が日もあっと言うまに過ぎてしまつた、仕事が休みだから時間制限無しで暮らす予定だつたけど、貧乏性なのかいつも通りの時間に起きてしまうし、、、ナンヤカヤ色んなことをしていると夜になってしまう、箱根駅伝だつて途中どうなっているかを時々観る程度、ゴールインの時はちゃんと観たけれど。好きな事を勝手な時間でやる、誰にも干渉されないでね、、それがゼイタクというもんでしょう。
ここ数日私は超ゼイタクな思いをしているんですね、、、イインデス良い夢見なくても、、夢は夢だもんね、、、。

Posted on 2020/01/04 Sat. 11:00 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

令和二年元日なり  

本栖湖側からの富士山上空四千メートルからのヘリコプターによる初日の出の中継を観た、素晴らしいダイヤモンド富士。。。いよいよ令和二年の新しい年への今日が第一歩である。別に変ったことをするわけではなく去年や一昨年とも同じ道を歩んでいくのだが、年々年を重ねて行くわが身、、、、どうなることやら先の事、、、、いや明日のことだってわからないんですよ、、、、、。ま。。急がずゆっくり他人と争わずマイペースで歩いていく所存なりです。今年も。
数年前正月に観たテレビで、、、狂言、唐相撲。これを正月が来るたびに思い出すんです、狂言の演目で最も登場人物が多い作品で総勢十七人。。。。中国滞在の日本の相撲取りが皇帝に帰国を許された時、名残りに唐人と相撲を取り次々と負かしていくという筋。珍しい唐人の装束や怪しげな中国語の大合唱、サーカス並みのアクロバット等、、、長時間の作品だけど、面白くそして素晴らしく、今でも目に焼き付いているし心にあの感激は詰まっているんです。両親に連れられて観た初めての、能、、蜘蛛の糸、、あれから謡曲や仕舞が好きになった私、、いま能や謡曲の専門店でDvDで売っているけれど、あの衝撃と感動はないと思うからあえて購入をしないんです。またテレビで放映があったら、、、、、ミルカモですがね。
さあ、一応新しい年になったから新しい気持ちをもちました。明日明後日は箱根駅伝タノシミです。
世の中に災害がないことを願い、自然体でいつも通りコツコツと歩いていきますわ。



Posted on 2020/01/01 Wed. 10:30 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

もういくつ寝るとお正月、、、、。  

十二月らしからぬ暖かな最近だつたが、クリスマスを迎えそしてすぎると、さすが冬の寒さになってきた、大昔四十七士討ち入りの十二月十四日東京は雪が積もっていたけれど、、、、。地球温暖化かな、、、、。最近除夜の鐘の音がうるさいと近所の住民からのクレームがあり夜鐘を撞かないお寺がここかしこにあるそうな、、、、時代はかわったものですねえ。自分達がそこに住む時、近所にお寺があるのがわからなかったのかなあ、、、、。お寺が先にあったのなら、なんら文句が言えるのかよ、、、と私個人は思ってしまう。昔より今の人々はワガママだわね。大晦日ラジオから京都のナントカノ寺とか、どこそこの寺からとかの除夜の鐘の音を聴かせてくれたっけな、、、そして正月、正月番組の放送になった次第。
普段食べられるものでも何故か正月を迎えるにあたって、数の子とかだて巻き、栗きんとん黒豆かまぼこ、おもち他エトセトラ食べなければと思ってしまうのかなあ、、、、フシギ。。。
今年はもう僅かな日数、、、どうにか無事に過ごせたかな、、、、。さて来年はどうなることやら、、、、、来年のことを言うと鬼が笑うってさ、、、、私はその鬼たちとくだらないことをしゃべりたいし、、、そして一緒にカカ大笑したいもんですわ。。。。
笑う門には福きたり、、、ナンテ。

Posted on 2019/12/26 Thu. 13:02 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

我が家のもみじ  

この地に家を建てた時、玄関前に近所の山から飛んできたであろう、、、実生のもみじ、、五センチくらいの小さな小さなものだつたけれど、それから七十余年たった今は、、、風格もある立派なもみじの木となっている。北風が吹くこの季節になるとアザヤカナ真っ赤になるが、今年はいつまで待ってもコウヨウする気配もなく、黄色っぽく茶色の枯れ葉となっていく感じ、、、いよいよこの木は枯れ木となってしまうのかと思っていたら、、、ナントナントここ二、三日でマッカに色づいてきた、、、すごく嬉しい、、、、。
此のもみじは我が家で育った木、季節を感じさせてくれると同時に我が家の歴史まで思い出ささせてくれるんですよ。
しばらくいなかった雀達も、タンボの稲がなくなつたのか我が家に戻ってきた、、、、夏の時のスマートな姿ではなく寒くなってきたから何となくフックラしてきた、、、フクラスズメ、、となり、これからはなお可愛さ倍増だろうな。
又考えてしまつたこと、、、紅葉狩り、、山野に紅葉を鑑賞に行くことだけど、、、ナゼ桜は、、桜狩り、、と言わないのかなあ、、、。
花見、、紅葉見だってイイノニサ。
庭と言うのにオコガマシイ位の狭い狭い所、、二本の沈丁花と並んで玄関前辰巳方向今紅葉それもマッカツカに色づいた我が家の貴重なもみじ、、、ここ毎日私は、、、、紅葉狩りではなく、、もみじ見です。

Posted on 2019/12/12 Thu. 10:18 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top